映画の中のような世界

千葉県まで家族で撮影に行ってきました。
土日でも川崎市内から1時間半程度。

駐車場から滝に行くまでの新緑の道も素敵でしたが、滝についたら思わずため息が出るような美しさ。
滝自体は高低差が少なく控えめですが、取り囲む洞窟のような風景と差し込む光、透き通る水の穏やかな流れが一体感を醸しだしていてとても幻想的で美しい場所でした。

家族連れで行ったのですが、撮影スポットは足場が悪いため幼い子供達を夫と交代で見ていたところ、夫に撮影風景を撮られていました。
DSC_8478

また紅葉の時期にも是非行きたいですね。

マタニティフォトを撮影しました。

先日、マタニティフォトの撮影を行いまいした。
あと数日で産まれるかも…という最後のチャンス。
マタニティフォトはお腹が目立ってきてから生まれるまであっという間です。
女性が「ああ、撮っておけば良かったな」と思う写真ベスト1かもしれません。
(授乳フォトも同率1位かな?と思いますが、撮れる期間が短いという意味ではマタニティフォトが1位だと思います)
こちらは少し、神聖な雰囲気を感じていただけたらいいなと思い撮影しました。
DSC_9389
また、逆光のお写真もお撮りしました。
モノクロにしたことで生々しさはなくなるのですが、マタニティフォトでは神秘さが増すと思います。
DSC_93982
そして、上のお子さんをお連れいただいていたので、一緒に撮影も行いました。DSC_9408
「ママのおなかにちゅーしてね」と言うと、調子にのって「あーん!」と食べる振り。
お腹へのキスももちろん撮影しましたが、やっぱり子供は楽しんでいる自然な表情が一番。
ママもこのお写真を一番気に入っていただけました。

お腹の子は男の子だということです。
予定日まであと2日。元気な弟くんが生まれますように…。

Profoto Master Class に参加してきました

4月19日、20日と開催されたProfotoのセミナーに参加しました。
都合により20日のみの参加でしたが、19日夜の懇親会にも参加させていただきました。
贅沢にも講師はヴァネッサ・ウィリアムズ、クインシー・ジョーンズなどのセレブリティーポートレート第一人者のMatthew Jordan Smith氏。
とても気さくで明るい人柄で、そういったところにもセレブ達が惹きつけられて彼を指名するのかな、と感じさせました。
セミナーの内容はあまりここでお話することではないかもしれませんが、印象としてモデルさんに立ち位置に立ってもらってからではなく、その前からも細やかな心配りや雰囲気作りが丁寧で、周りを巻き込む力も大きくて「みんなで良い作品をつくりあげよう」という空気を上手に作る方だな、という印象がありました。
また、「写真を見ただけで誰が撮影したのかわかるようなオリジナリティを」と最後におっしゃっていて、
きっと世界中のフォトグラファーのテーマだと思うのですが「こういう風に撮って」とオーダーを受けても「こっちの方が良い」と、自身の意見を通して、更にクライアントがそれに納得するものを創る、そういった姿勢もブレのない自信も素晴らしいなと感じました。
ただ上手だから、というわけではなく、彼自信が「人々に愛されるフォトグラファー」であるというのが、大きな印象です。

撮影関係のお話で少し笑ったのが「ビューティーディッシュが大好き」という発言。
しかも、「8割はホワイトで撮影していて、シルバーは購入したことがない」ということ。(ヘアケア製品やファッションフォトくらい)
Profotoが用意してくれた数々のライトシェーピングツールを使おうとしても、結局ビューティーディッシュに戻ってきてしまう所が、本当に大好きなんだろうな、と感じました。

とても勉強になり、楽しくもあり、あっという間の8時間。また次の機会がありましたら参加したいなと思います。

Saxophonist

サックス奏者ゆうこさんの宣材写真撮影を行いました。
背景は白も黒も撮影しましたが、ご本人のイメージと好みから、こちらに決定。
DSC_9357
今まではiPhoneのカメラで友人に撮影してもらった1枚が各所のプロフィール写真になっていました。
アーティストの方は、いつ唐突に写真が必要になるかわかりませんよね。
いざというとき出せるキメの一枚があると、とっても便利だと思います。
ちなみに、ガラッとイメージを変えた1枚も撮影しました。
DSC_9391
先ほどとはうってかわって、爽やかに可愛い雰囲気。出す媒体によってはこちらも使えたら…ということでした。

これからのご活躍も期待しております。

Sunset

個人的なファミリーフォトです。
私の大好きな二子玉川公園。夕陽が落ちる瞬間が素敵で、頻繁に行っています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA