Archive for 10月, 2018

Nikon Z7で撮るポートレート

こんにちは。
先月28日にNikonさんから待望のフルサイズミラーレスが発売されました。
ミラーレスに乗り換えるかどうするか…とお悩みの方も多いと思います。
細かい機能の検証は他のサイトさんでもたくさんやっていると思うので、
こちらでは実際使ってみた感想と、作例をたくさんご紹介したいと思います。
ちょっと長くなりますがぜひお付き合いください。

Nikonさんの高画素機といえば、昨年発売されて最近まで品薄が続いていたというD850ですが、私はこちらをメインで使用しています。
比べたらどうなの?と思われる方も多いと思うので、基本的にはD850を基準とした感想です。

使用感

まず、大きく感じたのは「小さい!」という印象。
見ればわかるよ!と突っ込まれる方も多いかと思いますが…。
大口径レンズをよく使う私にとって、実は「本体のサイズなんて誤差でしょ」と思っていました。
しかし、重要なのは軽さよりも小ささでした。
こちらのD850のレビュー記事でも書いている「せっかくついたサブセレクターに親指が届かなくて使えない問題」がさくっと解決。

この位置になりました。
フォーカスポイントが広くて多いためこれは重要。
ただ、縦構図から横構図に変えた時など、一瞬でぴゅーっと変更したい!という感じでいうとちょっと速度が物足りない。
微調整は十字キーでもいいから、サブセレクターのときは倍速くらいで動いてくれるといいなぁというのが贅沢な希望です。
また、操作系のボタンが右に固まったことでレンズを持つ手がそのままで各種設定の操作がしやすくなりました。
別に女性のために作られてるわけでもないですし、女性でも手が大きい方もいらっしゃるとは思いますが、
「高画素機欲しいけどちょっと大きすぎて操作感が…」という方には、構えた時の持ち方のまま、無理なくほとんどの操作ができるのは大きいメリットかなと思いました。

また、私は動きものを撮る機会が多いのですが、D850とZ7を同じレンズ、同じモデルさんで同時に撮り比べてみたところ、
すこーしだけZ7の方がAFが遅いように感じました。
AF自体が遅いと言うより、AFが始まるのが遅いという印象で、微妙な感覚なのでわかりにくいかもしれません。
同時にD850と撮り比べないとわからない程度の違いなのですが、感覚的に「あれ?」と感じる程度には違いました。
これはローライトAFを常時オンにしているせいかもしれないので、また検証したいと思います。

ミラーレスをすでに使われている方には、今更感があるかもしれませんが、
フォーカスポイントは撮影範囲の90%をカバーするので、全身の撮影がとても撮りやすくなりました。
こちらの作例ですが、
横幅2.1mの背景紙で撮影しています(横はまだ余ってます)
通常全身撮影の背景紙は横幅3m程度かと思いますが、目にピントを合わせて撮影してもトリミング無しでこのくらいまで撮影できるため、
狭い範囲や狭いスタジオでもとても撮りやすいと思います。

大きな使用感の違いはそれくらいにして…。
とにかく写りはどうなのよ、ってところだと思いますので、作例をご紹介したいと思います。

Z7とD850と撮り比べ

Z7+NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
D850+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
この2つの組み合わせで撮り比べをしました。
SS、ISO感度、ホワイトバランスなど設定値はすべて同じです。
また、参考にしていただくためにすべて撮って出しです。
model:イアラモデル 仲原亜美さん Instagram

撮り比べて気づきましたが、Z7の方が同条件だと少しマゼンダ寄りになるようです。
実際撮影するときは、その時その時で色のズレをきちんと合わせるので気になることはありません。
ただ、D850と二台体制で持っていかれる場合などは考慮した上の設定値にしておく必要があるかもしれませんね。


F8で撮影したものはこんな感じです。

Z7とFマウント単焦点レンズ

次に、私がポートレートでよく使うレンズをZ7につけて撮影したものです。
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gのみ、F1.4だとふわふわな描写のためF2.8で撮影しました。
こちらも撮り比べと同じく撮って出しです。
model:オスカープロモーション 持田留衣さん Instagram


ポートレートでは85mmを使われる方が多いかもしれませんが、皆さんの参考になればいいなぁと思います。
また、AF-Sでの撮影時、こういった浅いピントでの撮影にピンポイントAFが活躍します。
人物は動きやすいですが、マクロ撮影などされる方はとてもいいのではないでしょうか。

まとめ

今回撮り比べて見て、正直なところ最初は「慣れない…」とおもっていたのですが、1時間くらい撮影を続けていたところストレス無く撮影できるようになりました。
AF始まりの遅さの違和感だけがちょっと残るので、動きものの撮影が多い方はどうかなぁ…と思うところはありますが、
手軽に、気軽に、高画質で!というわがままな想いは全部叶えてくれるのかなと感じます。
今の所お仕事でのメイン機はD850でいきますが、今後も作例を出していきたいと考えていますので、ぜひご覧いただけたらと思います。

最後に、ご協力いただいた亜美ちゃんと留衣ちゃんお二人一緒のポートレートを載せておきますね。

長くなりましたが、ご覧いただきありがとうございました。
この記事で背中を押される方も、押されなかった方も、素敵なポートレートが撮影できますように♪

最後に、Special Thanks
hairmake:Tomoko Kandaさん Instagram