Profoto A1のレビュー

こんにちは。
久々にストロボライティング界隈がざわついている…と勝手に思っているのですが、Profotoさんから「世界最小のスタジオライト Profoto A1」が発売されました。
発売された…といっても、10月あたりからProfotoさんやヨドバシカメラさんでセミナーをやっていたりして、いつの間にか予約は開始になっていたけれど、11月末の発売予定が1月末になったと連絡がきたばかり。
来年かぁ、なんて思っていたら、突然予約した銀一さんより「入荷しました〜」の電話。
お電話くださったスタッフさんに「え?1月末じゃなかったんですか?」って思わず聞いちゃいました。
「そうだと思ってたんですけど、突然入ってきました」とのこと。うれしいやらびっくりやら。
ということは、発売日って、12月15日になるのでしょうか…なんだかよくわからない発売日です。

ご興味あるみなさんは発売前にレビューをしているカメラ雑誌関連のサイトを読み漁っていると思います。私もそうです。
細かい製品の仕様について「もうそんなのは知ってるよ!」の段階でこの記事を読んでいることと思いますので、
私の超個人的レビューを書きたいと思います。

外観

うちには普段使い用としてGODOX TT685Nもあるのですが、それとの比較です。
ヘッドが丸いので、見た目だけで大きく重い印象を持ったのですが、実際は全然そんなことありませんでした。
というのも、ヘッドの形が丸いせいで厚みがあるように感じたのですが、厚みがあるのは発光部分だけで操作ボタンや液晶側は結構薄い。
さらにA1は液晶側の方が長く、発光部分の方が短いです。
そのため、見た目と違って頭でっかちのバランスにならず、自らを非力な女性と言い切っている私にも安定したバランスで取り扱うことが出来ました。
これは、リモートで手に持ってオフカメラライティングする時なんかにも地味に助かります。
また、ちょっとマットな質感が個人的にカッコイイと思います。

連射性能が良い

私の仕事は自然体な動きをしている子供の撮影が多いため、連射することがあります。
GODOX TT685Nは、HSSで連写をすると早い段階でオーバーヒートしてしまうのですが、
A1をテストしてみたところ連写についてくるだけではなく、光量も安定していました。
これは動き物やペット、子供撮影をする人にはとっても良いと思います。

作例

結局のところ、写りはどうなの?ってなると思いますので、撮影してみました。
ニコンD850 105mm/f1.4 での撮影です。
作例は全てf2で、メインライトは8時方向から撮影しています。
カメラの色温度設定は一定ですが、最近寒いのでちょっと温かみのある作例にしたくて、スタジオの電気を少し暗めの電球色にしています。
まず、比較用としてProfoto B1+ProfotoのアンブレラM+ディフューザー

次にA1。バウンスカードををつけて手持ちしました。

実はこれ以外に直射やドームディフューザーを試してたのですが、被写体が子供だったこともあり硬い光のカッコイイ系ライティングは似合わなかったので、下を向き気味の表情が暗くならないように立ち上げるくらいの光量で撮影しました。
綺麗に光がまわり、手持ちしているA1たった1灯から放たれたとは思えない柔らかくフラットな雰囲気にできました。
ただ、Profotoさんのライトシェーピングツールを普段からいろいろ使っている身としては、メイン光でそのまま使用するのは作品作りとしては物足りないな…という感じです。
ソフトバウンスはまだ入荷していませんでしたので、発売されたら使ってみたいなと思います。
それ以外にも、A1対応のOCFシリーズのようなライトシェーピングツールが出てきたら楽しいですね。
日中の撮影で、影の立ち上げにはとてもキレイな光質で大活躍するなと思います。

実際に私が一番使うであろう用途としては、背後から打ってエッジを引き立たせたりする用途かなと思っています。
そんなイメージで撮影しました。
メインはB1+ソフトライトリフレクターホワイト+グリッド。後ろからA1直打ちです。

今までこれをやろうとすると、B1とB2を持ち歩くことになっていましたが、A1ならコードレスでサイズが小さいので、らくらく被写体の後ろに隠すこともできます。
その上、Profotoさんのストロボによるキレイな光質や発光漏れのない安定感で、ストレス無く良い作品が撮れるようになります。

今後、ロケ撮影で大活躍間違いなしです。
表現の幅が更に広がったことで、お客様に更に素敵な思い出づくりのお手伝いができることを、今からとてもわくわくしています。

1 Comment

Submit a Comment
  • 返信

    minami

    レビューありがとうございます。大変参考になりました!
    ストロボには興味があるものの、持ち運びやセッティングが面倒くさくて半分諦めていた自分にはとても気になる製品です。
    ソニー版はもうちょい先のようなのでじっくり悩んで見ます。
    またの素敵な写真とレビュー楽しみにしております。

コメントを残す