D850+AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G レビュー

こんにちは。
先日のAF-S NIKKOR 58mm f/1.4G レビューに引き続き、今度はNikonD850とAF-S NIKKOR 85mm f/1.4Gの組み合わせでの作例をご紹介したいと思います。
85mmといえば、ポートレートで定番の焦点距離ですね。
モデルさんとの距離感もほどよくなり、使いやすいレンズだと思います。
今回は定番の使い方であるポートレートの作例をご紹介します。

外観


D850につけてみると「専用品かのようにぴったりなサイズ感」という感じです。
大きすぎず小さすぎず、見た目にも安定感があります。

ポートレート


回り込む光を多くして、少し逆光風のライティングで撮影しました。
逆光耐性が高いので、こういった強い光が入り込むような撮影でもコントラストが落ちることなくすっきりとクリアな色味が出ています。
屋外の自然光ポートレートでは逆光撮影が多いかと思いますが、そういったときにもくすまず美しい色味で撮影ができるので安心♪


少し絞ってビューティー系っぽく撮影してみました。
瞳の輝き、肌のツヤ、髪の潤いのある質感も美しく描写されています。
細部の解像感はさすがD850の賜物といったところですが、D850とAF-S NIKKOR 85mm f/1.4Gどちらの能力も高いからこその描写ですね。

まとめ

ニコンさんでも、ポートレートの撮影に最適な中望遠レンズという位置づけをしていて、まさにその通り。
私はAF-S NIKKOR 85mm f/1.4Gの開放付近は程よい柔らかさで、絞るとキレのある描写になってとても気に入っています。
(また、f/1.4系のレンズであれば色味も似てくるので、一度の撮影でレンズ交換した場合でもレンズの違いによる違和感は感じにくいです。この辺はニコンならではといえて、トータルで考えられているような気がします。)
お仕事で宣材写真の撮影をする時はこのレンズを使用することが多いです。

優しい作風からクールな作風まで、この素晴らしい写りを少しでも多くの皆様に体感していただきたいと思います。
ぜひ新しいプロフィールを撮影しにいらしてください。

コメントを残す