D850+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G レビュー

こんにちは。
D850を購入してから仕事にもプライベートにも楽しさが増しています。
D850と一緒にどんなレンズを使おうかな?買おうかな?って思っているかたも多いのではないでしょうか。
今回はD850と三次元ハイファイ設計のAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gの組み合わせ撮影した作例を載せていきますね。

外観

カメラが大きいというかレンズが小さいというか、少しレンズがコンパクトな印象です。
D850本体の方に重心があるため、実際の重さ以上に軽く感じます。
私のような非力(?)な女性でも、気軽に持ち歩けるサイズ感はとってもいいですね。
「一眼レフは重くてなかなか子連れでは持ち歩きにくい」とおっしゃる方も多いのですが、私も子供がいる母として、その気持ちはとってもわかります。
個人的には「カメラが重いのなら他を軽くすればいいじゃない」と、パンがなければケーキを食べれば…的なノリで、他の荷物を減らすことを頑張っています。
その為、メイク道具を忘れてしまい外出先で子供と遊ぶと眉毛が無くなって帰る…なんてこともしばしば。
ただ、AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gは、荷物が多くてもあまり気負わず持っていけるので嬉しいです。

お散歩写真

実はこのレンズ、お仕事でとても使える!と思って発売日に購入して以来、お仕事でもプライベートでもとても使用頻度が高いです。
D850に付けたらどんな感じかな?と、ウキウキしながら子供と散歩に出かけました。

緑の多い公園をお散歩場所に選びました。時間帯は午後1時、夏日でかなりの晴天でした。
開放気味に撮影したいなぁと思っていたのですが、あまりのきつい日差しに「これはSSが1/8000でもキツイかなぁ…NDフィルター持ってくればよかったかな」と思っていたのですが、ISOを64まで下げて撮影していた所、白飛び無く撮影できました。

そして、ちょっと木陰に入りながらの撮影です。

絞り値F2で撮影しました。
このレンズはF1.4〜1.8くらいまでは、ふわっととろけるような描写をします。
F2をこえると、突然ピント面がパキっとしたキレのある描写になるので、撮影意図に合わせてF2〜2.8を使うことも多いです。
手前に大きな木を入れてみましたが、ボケ感はうるさくなく自然で美しく感じます。

ぐぐっと顔に寄ってみました。
D850との組み合わせでは、目の中の潤いまで感じさせるようなしっとりとした画になっていますね。

最後にこの作例では、橋の木の質感がなだらかにボケてき、そこに境目のない自然さがとても美しいです。
ふわふわの髪の毛、デニムの素材感やTシャツの柔らかさ、枯れ葉や枯れ木の乾いた質感と、影の部分にある湿った腐葉土の湿気、
いろいろな質感のものが含まれていますが一つ一つリアルに描写できています。
これもD850との組み合わせだからこそなんでしょうか。。
公園のいろいろな場所を散歩しましたが、緑や紅葉の始まりかけ等で色温度がくるくる変わる散歩道も、D850のオートホワイトバランスの優秀さに驚かされます。
変に偏った色味はなく、濁りのないスッキリとした印象の色味です。

最後に

元々D810で使っていた時の印象も「ふわふわ〜カリッとまで使いこなせば世界が変わる」というものでした。
仕事にも作品にもプライベートにも大活躍の1本だと思います。
お仕事でもたくさん使っていますが、プライベートで言えば私の位置づけは
【最強のお散歩レンズ】という印象です。
eik photoでは、ファミリーフォトの際に多く使用する1本です。
ぜひその写りを体感しにいらしてください。

コメントを残す