D850を2週間使用のレビュー

こんにちは。eik photoの桑本涼子です。
今回、D850に買い替えました。
発売から2週間が経ちましたが、まだまだ世間の注目度は高いですね。

私はお仕事でポートレートや子供の写真を多く撮影しています。
撮影した写真は大きく引き伸ばして印刷することもあります。
そのため高画素であることが重要だったのでD810を使用しており、その前に使用していたD800Eから比べるといろいろな部分で格段に精度が上がっていたのでとても満足していました。
しかし、D5に搭載された新しいAFを体感し、これが800シリーズにも搭載されたら最高だなと思っていました。
そんな望みを知ってか知らずか、D850にはD5と同じAFが搭載されるというではありませんか!
発表された時点で「買うしかないでしょう!」と、気持ちは盛り上がり、予約開始と同時にサクッと予約。
予約したのにもかかわらず、ニコンファンミーティングでデモ機を触り倒し、先行展示の量販店でも触り倒して性能を確認し、お腹いっぱいになりました。
でも、D850のようなメインディッシュならいくらでもいけますね。

では、2週間使ってみた感想です。主観がかなり入ってますがご了承ください。

外観

D810からの乗り換えのため、外観上はほとんど差がなく感じます。
D810と比べて重さが35グラム重くなったようですが、レンズの種類による重量の変動のほうが大きいため、全然気になりません。
また、内蔵フラッシュがなくなったので、上部はすっきりとした印象です。

使い勝手

D810と比べると、ボタンの配置に変更や追加があります。
中でも操作で一番影響を感じるのは、D5やD500と同様に、ISOボタンがシャッターの手前にきて、ISOボタンだった所はMODEボタンになったというところです。
そのため、つい癖で撮影中にISO変えようとしてMODEを変えてしまう…なんてことがしばしば。
でも、慣れれば確実にD850のボタン配置の方が便利なので、一刻も早く指先に叩き込みたいです。

液晶モニターについては、チルト式になったことやタッチパネル式になったことが、見た目や操作性で大きく変わった部分です。
ですが、私はそれよりも高精細になった部分が気に入っています。
D810の時は、f1.4のレンズなど開放で撮影した時に拡大してピントの確認をすると「合ってるかなー?合ってないかなー?」と曖昧な感じがすることがありました。
しかし、D850になってから、自信を持って「うんうん。バッチリ合ってるね!」と次の撮影に気持ちを向けられるようになりました。
ちょっとしたことですが、ストレスを感じなくて済むのはかなり大きいです。

操作系に関してはサブセレクターが付きました。
凄くいい!と思って、発表段階からうきうきしていたのですが…女性の小さめな手には、グリップからボタン位置が結構遠いというのが正直いって残念な印象です。完全に主観です。
購入検討されてる方のほとんどが男性だと思うので全然いらないレビューだと思いますが。
マルチセレクターの真ん中とか、マルチセレクターのちょっと上くらいだったら良かったのになぁと思っています。
AF-ONボタンの近くにないと操作の流れとして意味がないんだろうなとは思うので、位置が悪いというわけではありません。

撮影機能について

4,575万画素になったことで、撮影した写真をPCに取り込んで、ついつい拡大して眺めてしまいます。
こればかりは作例を見ていただかないと体感できないとは思うので、そのうち作例もブログに掲載しますね。

AFモジュールがD5と同じものが採用されたことで、AF-Cの食いつきが格段に上がりました。
これです!とにかくこれだけでも買ってよかった。この記事の最初に書いていたことです。
高画素&歩留まりのよさ。子供やペットなどの動物が多い方にはすごくいいと思います。

オートホワイトバランスで撮影した写真の色味がとてもクリアな印象です。
基本的にホワイトバランスのオートは使わない方は多いようで、写真仲間からもよく聞きます。
以前はちょっと黄色っぽいかな?とか、くすんでみえる気がするかな?と思っていたのですが、オートホワイトバランスで撮ってみたところ、色味が凄くクリアな印象でした。(あくまで個人的見解です)
これならちょっとしたお散歩で、いろんな光源があって複雑な色温度のところを持ち歩くような場合はオートでも十分だなと思いました。

オートホワイトバランスで撮影した場合、撮影後の再生画面の統合表示で色温度情報が表示されるようになりました。
ニコンの社員の方にお聞きしたところ、要望が多かった機能だそうです。
簡易カラーメーターのような使い方もできますね。

その他の機能

AF微調節の自動調整機能がつきましたがこれがとにかく便利です。手持ちのレンズ全部やりたくなりますね。
調整後、撮影してみると「ああ、こんなにクリアだったんだ」と思うレンズも…。
レンズは使っているうちにピントが合わなくなってくるものなので一年に一度は調整に出した方がいいと言われているので、それが自分でできるのは時間の節約にもなってとってもいいですね。

まとめ

今年のニコンに対して、CP+の規模が小さく感じたことやPHOTONEXTへの出展がなかったことで、最近元気がないな…と思っていたのですが、このD850の発売でそんな不安な気持ちが吹っ飛びました。
これで36万円~という超良心的な価格設定含めて、攻めてきたなと思います。
D810、D5などからいいところがそのまま継承されて、無駄がなくなり、欲しかった機能が追加されました。
この改善が実際に撮影した写真にも確実にあらわれています。

近いうちにD850と手持ちのレンズでのレビューを書きたいと思いますので、よかったら見てくださいね。

コメントを残す