PHOTO NEXT 2016レポート

PHOTO NEXT 2016へ行ってきました。

前回は予定が合わなかったPHOTO NEXT、今回は情報収集をしようと、午後から終了ギリギリまでめいいっぱい参加しました。
見たかったのは、上田晃司さんのセコニックさんでのセミナーと、Profotoさんでの曽田啓之さんとマシューさん。
時間が全て重なり合わずに最初から最後まで見ることができました。

セコニックさんでの、上田さんによるC-700のセミナーは、ProfotoのB2カラージェルを使用したもので、3つの製品がとてもうまくマッチしていて「おお、なるほどー!」の、嵐。
これは欲しくなってしまう…。
元々素晴らしい製品なのは知っていたけれど、自分の使い方にこうもマッチするものなのかと思うと、物欲が湧いてしまいます。
上田さんのセミナーが30分という短時間なのにギュギュッと凝縮でわかりやすく、構成がうますぎる…というのも素直な感想です。

Profotoさんのセミナーでは、曽田さんとマシューさんのセミナーを拝見したいと思っていて、とても楽しみにしていました。
マシューさんは今回はデモなどはなく、作例を見つつのお話のみ。
以前参加した丸一日のセミナーとも被る部分は多かったので、復習という気分でした。
お話もためになったのですが、作例を見るだけでも価値ありでした。
休憩所で通訳さんと談笑されているところをお見かけしてご挨拶をしたところ、以前のセミナーの時にお会いしてた時のこと覚えていて下さって、とても気さくに雑談に応じてくださいました。
通訳さんと何を話していたのかな?と思ったら、「マタニティマークを付けている場合、本当に電車で席を譲ってもらえるのか?」という話題だったそう(なんでそんな話になったのかはわからず)
私がたまたまつけていたマタニティマークを「おお!これか!写真撮っていい?」という感じで、iPhoneで写真撮ってらっしゃいました。

そして、とっても楽しみにしていたSODA PLAZA曽田さんのセミナー。
初めてお会いしたのは、マシューさんのセミナーだったのですが、その時にご挨拶させていただき、技術はもとよりお茶目なお人柄にもすっかり魅了されてしまいました。
私は彼の「背景紙等の撮影小道具に頼らずライティングで色付けや個性を出す」というスタイルがとても大好きで、ブログでの作例も毎回楽しみに拝見しています。
また、HSSや見たこともないライトシェーピングツールやストロボアクセサリーを駆使してのライティングセミナーは、よくある「ポートレートはこう撮りますよ〜」というようなセミナーとは全く違い、凄く刺激を受けました。

私も彼らに少しでも追いつけるよう、今回仕入れた知識と情熱を忘れず、お客様に喜ばれるような写真を撮っていきたいなと思いました。

コメントを残す